生活がしやすい住居を確保して良い生活【住宅探しの定番】

慎重に決める

注文住宅は住宅展示会でイメージを膨らませる

戸建ての注文住宅は一生に何回も注文するすることはできません。最初にどんな家を建てたいか詳細に決めておく方法もありますが、注文住宅は専門家でない限り簡単に決めることはできません。ました建築技術や耐震技術、省エネなどあらるるカテゴリーにおいて技術革新が進んでいます。まずは、高い買い物をするのですから、自分の目で実物を確認しておく必要があります。あまり最初から間取りとか、リビングとか、キッチンとか、収納とか決めて行かないで各展示会の家を頻繁に見ながら「いいとこ取り」をしていけば、大雑把ではあるが自分の作りたい家の全体的なイメージを掴むことができます。むろん予算は大切ですが最初から予算を気にしすぎて展示会を見にいくと夢がなくなります。

家作りは理想のイメージを大切に

まずは、建てたい注文住宅のイメージを膨らませることから始めましょう。そしてこんな家を作りたい「いいとこ取り」から全体的なイメージに変えていけば、先に進むことができます。「いいとこ取り」から夢の我家が、一歩進んで現実的な家になります。ここまでくるば迷うことはありません。たとえ後で不満や不備があっても一生懸命考えた家なので納得いきます。いろいろ考えて家を建てても不満は必ず出てきます。自分がイメージを大切に考えた家なら諦めもつきます。最終的にイメージが膨らんで家を作りたいと思うところまで行けば、後は注文住宅をメーカー、工務店、設計事務所のなかからその他の条件を満たしてくれるところに依頼することで自分のイメージに合った理想の家が誕生します。

このエントリーをはてなブックマークに追加